18時間なにも食べないプチ断食。

毎日これをやると、胃腸を筆頭とした体内の内臓器官に溜まっている汚れや老廃物が常に外に出される働きが活性化するので、毎日常に体内をかなり綺麗で清潔な状態に保つことができると思います。

そして体内が綺麗であるということこそ、健康体であるわけです。

やり方さえ間違えなければ、毎日の18時間プチ断食は体にもいいと私は思っています。

で、それをやるとなると朝ご飯、夜ご飯のどちらの食事を抜くのがいいのでしょうか。

18時間プチ断食は朝を抜くほうがやりやすいかも

食事法の本などを読むと「午前中は排泄の時間」という法則を見かけたりもします。

確かに朝は前日の夕食(午後8時ごろまでに夕食を終えるとして)からそれなりに長く「食べない時間」を経ての食事になります。

1日3食一般的なリズムで食べていれば、夕食から翌日の朝食までの時間が、一日のなかで一番長い「食べない時間」でもあります。

ということは、寝起きの胃腸は消化を終えて、ゆっくり休まっている状態。

そこにいきなり消化的に重たいものをがっつり食べてしまうと、胃腸はびっくりしてしまい、それが大きな負担になってしまいます。

ご飯などの炭水化物って実はあまり消化は良くないみたいですから、私個人的には朝から炭水化物がっつりは結構体に負担がかかりそうだなあと思ってます。

胃腸が休まっている分、消化不良も起きやすくなるでしょう。

胃痛、腹痛も出てくるかもしれません。

朝、寝起きってあまり食欲が無いという人は多いですよね。

それでも世間一般の常識としては「朝はしっかり食べましょう」と言われていますから、ちょっと無理してでも食べる人も多いと思います。

でもそれってなんかおかしいと思いませんか。

「食べたくない」ということは、胃腸を含めた食べ物の消化吸収に関わる器官が「今はあまり食べ物をいれないで欲しい」といっている、体からのサインです。

普段何気に食べていますが、食べ物を消化することって、体にとってはかなりのエネルギーを要します。

1日3食、世間一般並に食べた場合のエネルギー消費量は、フルマラソンに匹敵するという話もあります。

だから食べたくないと感じた時は無理に食べないほうが体にとってはいいんです。

それこそ「朝食でプチ断食をする」ことがなんなく出来てしまいます。

夕食抜きとどちらがいいかという話ですが、18時間プチ断食をするのであれば、朝食を抜いて昼食を1日の食事のスタートとすれば、例えば前日の午後6時に食事を終えた場合は大体18時間プチ断食になるので、計算もしやすくて「朝食抜き」がいいかなと思っています。

夕食抜きでも、お昼を食べてその日の夕食を抜き、そして翌朝に食べることで18時間ぐらいのプチ断食にはなるので、夕食抜きのほうが生活リズムに合っているという人は全然そちらでもいいと思います。

ただ、夕食って食事会や飲み会、家族団欒で食事をしたりすることも多いと思いますから、そういうのを考えると、自分で食事をコントロールしやすい朝食を抜いたほうがやりやすいかなと私は思っています。

それと、「18時間」という時間はあまり厳密に考えなくてもいいです。

大体でいいです。

それがたとえ、15時間、14時間のプチ断食になっても全然OK。

そりゃあもちろん、18時間プチ断食を続けたほうがより効果的ではあると思いますが、それでも15時間、14時間でも長く続ければプチ断食を長く続けていることの効果は出てくると思います。

大事なのは時間どうこうではなくて、「食べない時間の重要性」をきちんと理解できていることです。

そして、それを実践し継続できていること。

毎日ではなくても、時には羽目を外して食べ過ぎたりすることがあってもいいんです。

長い目で続けられていれば。

それが内臓器官をいたわることにつながり、当然自分の体を守ることにもなってきます。

↓最近私もハマってる、別名「レモネードダイエット」とも言われる「マスタークレンズダイエット」。「空腹対策」や「準備食」、「補食(回復食)」、「その後の食事、食材」についてのアドバイスも書かれていて参考になるかと思います。

【マスタークレンズダイエット】