丸1日何も食べない「1日断食」。

現代人は基本的に「食べ過ぎ」になっている人がかなり多いですから、定期的に1日断食をするのは、単にダイエットのみならず、胃腸を休めて体内の汚れや老廃物を出すためにもいいことだと思います。

ただ、普段あまり断食することに慣れてない人、もしくは普段お菓子や菓子パン、カップ麺などのジャンクフードを日常的に食べている人は、そういった食生活からいきなり「水だけの1日断食」はしないほうがいいです。

体重は落ちるかもしれないけど「水だけ」はやめたほうがいい

1日断食を水だけで乗り切る。

食欲を必至で我慢して我慢してそのまま1日、24時間を過ごすことができれば、大抵の人は体重も落ちるでしょう。

でも、当然ですが、翌日にまたそれまでと同じような「太りやすい、体脂肪が付きやすい食生活」に戻してしまえば体重はリバウンドします。

しかも、丸々1日を何も栄養素を補給せずに水だけでしのいでいる分、食欲、空腹をより我慢しているような状態ですから、その場合、翌日からの食事で「我慢してきた反動」によっていつも以上に食べてしまうというパターンも多くあります。

「ドカ食い」「むちゃ食い」ってやつですね。

実際、それで断食前よりも大幅にリバウンドしてしまっている人もたくさんいます。

そして、そういった1日断食→ドカ食いを繰り返すことで、少しずつ体脂肪が増えていき、同時に代謝も悪くなっていき、気がついた時には「かなり痩せにくい体質」になってしまう。

「水だけ断食」をしても大丈夫なのは、基本的には「断食」にそれなりに精通している人のみです。

「食べない」ことに体が慣れてしまっていて、しかも食欲や空腹も自分でそれなりにコントロールできる。

だから断食後でもドカ食いに走ったりすることもない。

私ももう、5年以上は定期的にプチ断食をしていますが、それでも「水だけ断食」は滅多にやらないです。

ダイエット目的でプチ断食をするのであれば、固形物を抜く代わりに何かしらの栄養のある水分を継続的にとったほうがいいです。

酵素ドリンクを飲む意味もそのあたりにもあると思います。

断食中に酵素ドリンクなどの栄養のあるもの、味のあるものを飲むことで、断食による様々な「我慢」を和らげてくれますし、それは同時に「心身に大きなストレスをかけない」ことにもなります。

そしてそれが断食後のドカ食いを防ぐことにもなる。

極端に強い空腹感を感じさせないようにしてくれ、食欲の暴走も防ぐ。

断食中にそういった飲み物を飲む意味ってかなり大きいんです。

普段、お菓子や菓子パンなどのジャンクフードを食べている人がプチ断食をするならなおさら、酵素ドリンクなどの栄養のある飲み物は必須です。

↓最近私もハマってる、別名「レモネードダイエット」とも言われる「マスタークレンズダイエット」。「空腹対策」や「準備食」、「補食(回復食)」、「その後の食事、食材」についてのアドバイスも書かれていて参考になるかと思います。

【マスタークレンズダイエット】